Money ButtonがBitcoinSV向けのJavaScriptライブラリとニーモニック作成ツールの提供を開始

2018.12.28

BCHNews編集部

こんにちは、BCHNews編集部です。

簡易決済システムを提供するMoney Buttonは12月11日、ブログにてBitcoinSV用Javascript Bitcoinライブラリの提供についてを発表しました。

Money Buttonについて

Money Buttonは、ユーザーのデバイス上で実行される完全に非管理のクライアント側BitcoinSVウォレットを提供しています。BCHNewsでもMoney Buttonについて過去に数回紹介してますが、以前はBCHでサービスを展開していましたが、11月のハードフォーク後にBSV支持を表明していました。

【過去記事】
BitcoinCash向けウォレットのMoney Buttonがローンチされる
Money Button、BitcoinSV支持を表明

ウェブサイトやアプリのデジタル通貨支払いボタンを提供することでほぼ即時に支払われ、ほぼ無料で、世界中のどこでも利用することができ、元に戻すこともブロックすることもできないというのが特徴です。

Money Buttonの仕組みについて説明されている動画を紹介します。

BitcoinSV向けのJavaScriptライブラリ提供について

冒頭のツイートにてアナウンスされているMoney Buttonのブログ内容について要訳を紹介します。
https://blog.moneybutton.com/2018/12/11/introducing-bsv-a-javascript-bitcoin-library-for-bitcoin-sv/

Bitcoin SV(BSV)用の暗号化手法、鍵管理、およびトランザクション構築のためのライブラリです。bsvはBitPayのbitcore-lib-cashをベースにしており、それ自体がbitcore-libのフォークです。BitPayは現在Bitcoin SV用のjavascriptライブラリを保守していないため、私たちは自分でライブラリをBitcoinSVコミュニティ用に保守することにしました。bsvは、デフォルトで元のアドレス形式になることを除けば、bitcore-lib-cashとほぼ同等です。すでにMoney Buttonの制作に使用しています。

bsvのインストールについて

npmを使うか、GitHubからクローンします。

npm install bsv

bsv-mnemonicのリリースについて

bsvとともに、BitcoinSVウォレットでよく使われるBIP39ニーモニックを生成し管理するためのツールがリリースされました。
bsv-mnemonicにもnpmがあります。

npm install bsv-mnemonic

もしくはGitHubからクローンします。

bsvとbsv-mnemonicはどちらも可能な限りbitcore-lib-cashとbitcore-mnemonic-cashと同等のインターフェースを保持し、Bitcoin SVのAPI自体は安定性を保つことを目的としているため、これらのライブラリのAPIを変更する必要が生じることはまず無いとの事です。
現時点でこれらのライブラリを更新する必要がある唯一の計画は、リンティングの修正、ファイル名の修正、ドキュメントの修正、およびスクリプトインタプリタに不足しているオペコードの追加だそうです。

さいごに

Money Buttonの発表に対して、Money Button同様にBSV支持を表明している_unwriter氏もすべてのプロジェクトをすぐに使用できるように移行するとコメントをツイートしております。

BCH・BSVへの分裂後もサービスが多様に展開されますが、今回のBitcoinSV向けのJavaScriptライブラリとニーモニック作成ツールはインストールも簡単でとても使い勝手が良いサービスです。

BCHNews編集部では今後も有益なトピックスについて紹介してまいります。

最新情報はこちら

BCHNewsでは公式のTwitterアカウント(@bchnews_jp)を開設しました。
更新情報を配信しておりますので、よろしければフォローしていただけると嬉しいです。

BCHNews編集部

BCHNews編集部です。
日々更新される暗号通貨関連のニュースを読者の皆様にお届けします。

関連記事

ゼロから作る自動売買bot開発 ~ 第0回:開発を始める前に ~

2018.09.28

by furusake-s

ゼロから作る自動売買bot開発 ~ 第1回:bot開発は取引所選びから ~

2018.10.01

by furusake-s

ゼロから作る自動売買bot開発 ~ 第2回:API Documentを読んでPublic APIを呼んでみる ~

2018.10.03

by furusake-s

ゼロから作る自動売買bot開発 ~ 第3回:API Documentを読んでPrivate APIを呼んでみる ~

2018.10.10

by furusake-s