StatusとFOAM、技術提携を発表

2018.07.26

BCHNews編集部

StatusとFOAM、技術提携

現在、StatusはEthereumで構築された分散型の宿泊施設や自動車相乗りサービスの作成を目指している。

FOAMとは、Ethereumで動く位置を証明するためのオープンプロトコル。
Statusは、相乗りサービス作成のため、サーバーなしでモバイルからの直接アクセスをするためのユーザーの位置情報へのアクセス手段として、このFOMAの技術を活用していくつもりだ。

BCHNews編集部

BCHNews編集部です。
日々更新される暗号通貨関連のニュースを読者の皆様にお届けします。

関連記事

日の丸リムジンで暗号通貨決済が採用される

2018.11.16

by きなこ

Amazon、AWSにEthereumの導入を計画

2018.12.15

by BCHNews編集部

AtomicPay – 数種類の暗号通貨に対応したペイメントゲートウェイサービスのご紹介

2018.12.17

by rei

BitcoinCash関連サービスのニュース3本立て

2018.11.20

by きなこ