日の丸リムジンで暗号通貨決済が採用される

2018.11.16

きなこ

こんにちは、BCHNews編集部のきなこです。

11月6日から、株式会社日の丸リムジンのタクシー空港送迎サービス料金を暗号通貨で支払えるようになりました!
利用可能通貨は、Bitcoin、Bitcoin Cash、Ethereumの三つです。

正式な導入ではなく、暗号通貨決済の実証実験の為期間限定ではありますが、ハイヤー、タクシーの乗車料金決済に暗号通貨を扱えるようになったのは、日本国内では初めての試みです。

この実証実験は、株式会社日の丸リムジンとBITPoint Japanの業務提携によって行われています。

暗号通貨決済導入の背景

暗号通貨決済導入の背景として、2社は以下のように説明しています。

2015年の時点で、日本国内のキャッシュレス決済比率は18%、中国は55%、アメリカは45%と、日本のキャッシュレス化は遅れをとっているのが現状です。

これを受けて日本政府は「未来投資戦略2018」で、

  • 2027年までにキャッシュレス決済比率40%
  • 2020年までに外国人が訪れる主要な施設、観光スポットにおいて「100%のキャッシュレス決済対応」「100%のクレジットカード決済端末のIC対応」

を実現することに向け、決済端末の設置を推進をしています。

そこで、インバウンド対策と、海外、及び国内の暗号通貨の動向を踏まえて、新しいキャッシュレス決済として暗号通貨決済の実証実験が開始されました。

実証実験概要

期間 2018年11月6日(火) ~ 2019年1月6日(日)
利用可能時間 24時間利用可(BITPointのシステムメンテナンス時除く)
営業区間 東京23区 ⇔ 空港(羽田空港、成田空港)
利用可能通貨
  • Bitcoin(BTC)
  • Bitcoin Cash(BCH)
  • Ethereum(ETH)

※タクシーの利用には、 日の丸リムジンホームページ(http://www.tokyo-taxi.jp/)からの予約が必要です。

決済方法

暗号通貨決済を行うにあたっては、いくつか条件があります。

  • あらかじめBIT Pointに登録し、口座を所持していること。
  • 手持ちの端末に、ウォレットアプリ「BITPoint Wallet」を入れていること。
  • タクシーの予約時に暗号通貨決済をすると伝えること。

以上の三つが必要です。


画像引用元:http://www.hinomaru.co.jp/pressrelease/Virtual%20currency.pdf

一言

今はまだ実験段階ですが、ゆくゆくは正式導入されて、他の移動手段でも暗号通貨での支払いができるようになるかもしれませんね。
暗号通貨を使用できる場が増えていくのが楽しみです。

最新情報はこちら

BCHNewsでは公式のTwitterアカウント(@bchnews_jp)を開設しました。
更新情報を配信しておりますので、よろしければフォローしていただけると嬉しいです。

きなこ

BCHN編集部の一人です!
読みやすく、分かりやすい記事をお届けできるよう頑張ります!
今はまっている食べ物はキムチ鍋?

関連記事

AtomicPay – 数種類の暗号通貨に対応したペイメントゲートウェイサービスのご紹介

2018.12.17

by rei

Zaifの67億円相当のハッキング被害についてまとめ

2018.09.20

by BCHNews編集部

Copayウォレットの特定バージョンに脆弱性、オープンソースライブラリに悪意あるコードがコミットされた疑い

2018.12.06

by きなこ

OneGold – Bitcoin Cashでデジタル地金を購入できるサービス

2018.12.26

by BCHNews編集部